忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/19 05:50 】 |
短いBOX相場の底値が視野に入ってきます。

朝の取引のオープンのEUR/JPYは110.99円の売り価格で、大陰線を示して判断しづらいローソク足を形成しました。



あいかわらず、20日移動平均を天井に天井圏でもみ合いしていましたが、少し前に値足がゴールデンクロスしたことで、短いBOX相場の底値が視野に入ってきます。



下限は一目均衡表の転換線や20日移動平均が抵抗線として働きました。



単移動平均だと下落状況と読めます。



20日平均より5日平均が上で推移していて、5日平均は上昇基調で、20日平均は下落傾向です



今までの経験を判断すると、取引すべきか迷ってしまいます



ボリンジャーバンドは-2σ圏で移動し、50日移動平均線がレジスタンスとして推移したことで、底堅いチャートを認識しました。



とりあえずあれこれ悩まず取引をしてみようと思いました。



チャートの監視だけはきちっとやって、証券会社に自動決済を受けないように持ち玉を持ち続けていきます。



PR
【2007/12/25 18:54 】 | 外国為替証拠金取引 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<過去1時間の中に酒田五法で言うところの三山に見えなくもない傾向が見えます。 | ホーム | 中期ボックス相場の上限が視野に入ってきます。>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>